読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すがブロ

sugamasaoのhatenablogだよ

Flexで mxml でのハンドラを削除したい場合

flex

このエントリーを見て気になったので

Flex コンポーネントの破棄 注意点 | _level0 | Kayac Front End Engineer's Blog
はてブのコメントにも書いたんだけど、ここでいう aButton がクリックされて実行される aButtonClick っていうのは、 mxml が勝手に生成してくれる Mouse.CLICK ハンドラの中で aButtonClick っていうメソッドをコールしているに過ぎないので、そもそも aButtonClick っていうメソッドが addEvent されてるわけじゃないと思うんですよね。
で、じゃあどうやってイベントを消そう?と思うと、arguments.callee を使えばいいんじゃないかと思って、以下のような感じに書いた。
元々のソースとは違って、明示的に消す、ということはできないけれど……。
無名関数で登録した場合もそうだと思うけど、メソッド名がわからないので呼ばれたタイミングで消すか、別途オブジェクトを参照するようのストアを用意しないと、キレイに消すのはできないんじゃないかな。
ま、mxml で付加される click="" とかのイベントは、対象の mxml コンポーネントが GC された時によしなにやってくれてるかもしれないけど……(そこまでは確認してない)。

ソース

wonderfl に書こうと思ったんだけど、なんか mxml を書いたらエラーになったのでこっちに貼り付けておく。
onClickHandlerっていうメソッドを、addEventListener と click="" で呼ぶようにしていて、どっちも一度実行すると、リスナーから消される。
誰得なソースを書いてしまった気がします><

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" layout="absolute" creationComplete="init(event)">
	<mx:Button x="72" y="58" label="addEventListenerButton" id="addEventListenerButton"/>
	<mx:Button x="261" y="58" label="clickButton" id="Button" click="onClickHandler(event, arguments.callee)"/>
	<mx:Script>
		<![CDATA[
			import mx.core.UIComponent;
			import flash.utils.getQualifiedClassName;
			
			private function init(e:Event):void {
				addEventListenerButton.addEventListener(MouseEvent.CLICK, onClickHandler);
			}
			
			private function onClickHandler(e:Event, callee:Function = null):void {
				var component:UIComponent = e.currentTarget as UIComponent;
				textArea.text += component.id + "=>";
				textArea.text += getQualifiedClassName(arguments.callee);
				textArea.text += "   ";
				textArea.text += arguments.callee.toString();
				textArea.text += "\n";
				
				if(callee != null) {
					component.removeEventListener(MouseEvent.CLICK, callee);
				} else {
					component.removeEventListener(MouseEvent.CLICK, arguments.callee);
				}
			}
		]]>
	</mx:Script>
	<mx:Label x="72" y="32" text="一度クリックされたらイベントを削除するよ" width="279"/>
	<mx:TextArea x="72" y="88" width="469" height="103" id="textArea"/>
</mx:Application>